KickStarter とは?

Kickstarter(キックスターター)とは、米国で2008年に設立されたクリエイティブなプロジェクトのためのクラウドファウンディングサービス(*)

KICKSTARTER http://www.kickstarter.com/

クラウドファウンディングサービスの先駆で現在最も知名度、規模が大きく世界中が注目しているITサービス。

(*)  クラウドファウンディングとは不特定多数の人から資金を集める行為。インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。


プロジェクトオーナーはキックスターターでプロジェクトを発表して、プロジェクトに興味がある一般個人の協力者から資金を集め、プロジェクトの実現や商品化、量産化を目指す。
プロジェクトの種類はデジタルガジェットやアイデアグッズ、ファッションアイテムの商品化や、映画やミュージックアルバム、マンガの製作、アート作品やダンス公演など多種多様で、毎日多数追加されている。
(* プロジェクトを公開するには米国、英国の銀行口座が必要)

一方個人ユーザー(Backer)側は、公開されている様々なプロジェクトから欲しい商品や興味がある/応援したいプロジェクトを自由に選び、好きな金額を資金提供(寄付/投資/予約購入)することができ、プロジェクトが目標金額に達成し、且つプロジェクトが成功した場合には、その資金提供額によって予め定められた契約(Pledge)の報酬を得ることが出来る。
商品化プロジェクトなどでは多くの場合で商品化後の一般販売価格よりも低価格(KickStarter価格)で入手できる。
(* 支払いはAmazon.com(米)のAmazon Paymentにて行うため、Amazon.comのアカウントが必要)

尚、プロジェクトオーナーがプロジェクト公開時に設定された目標金額に達した場合に資金提供額が引き落とされる仕組みになっているので、目標金額に達しなかった場合には支払いは発生しない。(* 目標金額に達成し金額が引き落としされプロジェクトは進行したが、結果としてプロジェクトが実現出来ない場合もある)

 

キックスターターの大きなメリットは、大手メーカーではないとリスクが高く難しかった量産化や個人や小規模チームのアイディアグッズの商品化、その他にもニッチなマーケットのためボツとなったアイディアの再商品化、公演やイベントなどニーズがはかりづらい企画などで市場調査と事前資金調達が同時に行えるのでリスクが少なく失敗を恐れずにどんどん挑戦できる。
また、ユーザー側は上記により様々なグッズやサービスが選べるようになるだけでなく、お気に入りのプロジェクトに参加出来る楽しさや一体感、そして一般販売価格より低価格で誰よりも早くグッズやサービスを受けることが出来るメリットがある。