2014/10/29

万歩計と発電機の融合!1万歩でスマホ3時間分の発電 : AMPY


AMPYは歩いたり走ったり自転車に乗ったりなど、体を動かすことにより発電が行える発電機のキックスターター(KickStarter)プロジェクト。
AMPYをポケットに入れたりや腕、足などに固定した状態で、歩きなら1万歩、ランニングなら30分、自転車なら1時間の運動を行うとスマートフォン約3時間分の充電が行える電力が発電されます。
もちろんAMPYとスマートフォンをUSBケーブルで繋いで充電が可能。
また、専用のスマホアプリで発電量やカロリー消費量もチェックできます。

終了 : 2014/11/10
目標金額 : $100,000
▼ PR:amazon.co.jp ▼
【 参加金額と報酬 】(一部抜粋)
  • $85 以上(+$15送料) でAMPY x1

afd3b92ef5473a8c35c8d4e583186439_large 8962981c782bb17be0e9c7e69df203cf_large 5abfbd7e66af7e3c24463b37a42d207f_large e9b2d962869951d3c43623040680b96c_large




【 感 想 】

1日に数時間自転車に乗ることがあるのですが、そんな時なフル充電したモバイルバッテリーを持っていきます。
あまり重たいモバイルバッテリーは持っていきたくないのでどうしても小型のものになってしまい、スマホをナビ代わりに使うには心もとないのですが、これなら自転車乗りながら発電されるのでそんな心配が少し解消されるかもしれない。

自転車1時間でスマホ3時間分ってことだけど、、、どの状態の3時間なのかな~。
1時間乗って、スマホで地図表示してる状態の1時間分が発電出来たら完璧なんだけど、、、どうかな~?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。