2012/09/19

LIFX : iPhoneやAndroidからコントロール出来るスマートLED電球


LIFXはWiFiに対応し、iPhoneやAndroid端末と通信が行え、専用アプリから色を変えたりや明るさをコントロールすることが出来る新時代のLED電球だ!
電球自体に機能が内蔵されているので今使っている電球をLIFXに交換するだけでネットワーク対応になるのは非常に手軽で低コストなので誰にとっても現実的なソリューションなのが一番の魅力。
また、だんだん暗くなるスリープモードやTwitterやFaceBookの通知や音楽モードなどもあり、SDKも提供される予定なので家だけでなくショップでの利用など様々な用途が考えられます。

開始 : 2012/09/15
終了 : 2012/11/14
目標金額 : $100,000

【 参加金額と報酬 】
  • $69 以上(+$5送料) でLIFX x1
  • $99 以上(+$5送料) で先着1000名にLIFX x2 (売り切れ!)
  • $119 以上(+$10送料) でLIFX x2
  • $196 以上(+$20送料) でLIFX x4
  • $294 以上(+$30送料) でLIFX x6
  • $392 以上(+$40送料) でLIFX x8
  • $490 以上(+$50送料) でLIFX x10
  • $5,000 以上 でLIFX x100(25×4)

 

電球を交換するだけで、今使ってるライトがネットワーク(WiFi)対応になってしまうスグレモノ! この手軽さ汎用性の高さが成功の決め手だと思います。

iPhoneやAndroid端末に専用アプリをインストールし、色や明るさをコントロールします
カラーピッカーで色を指定することが出来、その時の気分よってライティングのアレンジが可能
お店でも使えそうですよね~
スリープモードで序所に暗くしたり明るくしたりすることもできます

帰宅時に点灯したり、出かける時に消灯する自動モードもモノグサな私には便利
音楽に合わせて色が変化するミュージックモード
もちろん既存のスイッチと平行利用も可能 (そりゃそうだ^^;)


【 感 想 】

シンプルな製品にシンプルな利用方法、シンプルな報酬体系。
開発者の人柄や理念がわかります。

説明が少なくても製品が理解でき、その利用方法が自分の頭でイメージできる製品なので、プロジェクト後も大成功する可能性が高いのではないかと期待しています。

実物触ってみたいなぁ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。