2012/10/03

Sprout : 使い終わった鉛筆を植えると芽が出てくる!? アイデアエコ鉛筆


短くなった鉛筆どうしてますか?
Sproutは鉛筆の後ろの部分のカプセルに様々な植物の種が入っており、使い終わったSproutを土に挿して水を掛けるとカプセルが溶けて種が外に出るというアイデアエコ鉛筆。
鉛筆には種の種類が記載されており、それがそのままタグになるので無駄がありません。

開始 : 2012/08/20
終了 : 2012/09/19
目標金額 : $25,000
(目標達成! $37,715 | 150%)


短くなった鉛筆を土に挿して水を掛けて数日待つと芽が出てくる。
そんなちょっと変わったアイデアエコ鉛筆が Sproutです

 


当然普通の鉛筆と同じように書けます


 
どんどん書いてどんどん削ります

短くなって使えなくなったら土に後ろから挿します

水をあげて数日待てば芽が出てきます

種の種類も結構沢山用意されています

バジル / カレンデュラ / シラントロ / ミニトマト / ディル / ナス / ワスレナグサ / ピーマン / エアルームバジル / エアルームバジルミニトマト / エアルームトマト / ハラペーニョ / ミント /  モーニンググローリー / マリーゴールド / パセリ / ラディッシュ / ローズマリー / セージ / タイム / トマト



【 感 想 】

あまりエコ効果は高くない気がしなくもないですが、楽しくちょっとした無駄を無くすアイデアが素敵ですごく気に入りました。
子供の教育にも良さそうですよね^^

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。