タグ: 充電

非接触充電ではないけど同じくらい楽な置くだけ充電器:Energysquare


Energysquareは既に目標金額に達している人気のスマートフォン用充電器のキックスターター(KickStarter)プロジェクト。

パッと見た感じだと非接触(ワイヤレス)充電に見えますが、実はスマホの後ろ側にUSB/Lightningポートと接続されているステッカーが貼ってあり、そのステッカーと充電台が接触することで充電が行われる仕組みなんです。

MicroUSBとLightningのほかにUSB-C用も用意されているので多くの端末に対応。

なるほど、確かにこの方法なら仕組みとしてシンプルなので非接触充電より無駄が少なくコストも低くなりそう!
(接触部分がちょっと怖いけど、、、)

ちょっと台に角度がついてれば良いのにな~(個人的感想)

終了 : 2016/06/22
目標金額 : €30,000

▼ PR:amazon.co.jp ▼
【 参加金額と報酬 】(一部抜粋)
  • $25 以上(+$5送料) で

 10e6c7b618c1564cd4555425d3770780_original 63ef49d31c0fa72173805fecb2f0206a_original 67e4a7cd1233ee972b1f66e3f8641127_original 322ecb9be3b16d8e9d21b7f27edb78d4_original 493548e52798b8cfbd4049391b8072f1_original
 

 


 

最速のスマホ&タブレット充電器:HYPERCHARGE HUB


1回(1日)のスマートフォンやタブレントにフル充電を20分節約できると、1週間で2時間、1年間だとなんと5日分もの節約に!

そんな充電時間の節約を可能にするキックスターター(KickStarter)プロジェクトが最速充電をうたうHYPERCHARGE HUBです。

HYPERCHARGE HUBは3.5Ampの出力が可能で、一般的なUSB充電器に比べ最大50%早く充電することを可能にします。

早い!安全!コンパクト!が特徴のデゥアルUSBチャージケーブル:LiteWire


LiteWireはAndroidスマートフォンにもiPhoneにも対応する二股のUSBケーブルのキックスターター(KickStarter)プロジェクト。

MicroUSBとLightningの二つのタイプに両対応するだけでなく

・ 最大2倍の充電速度
・ データの保護
・ 専用ケース付きでコンパクトに持ち運べる

の特徴を備える充電ケーブルだ。

スマホ充電の最終兵器!世界最小のスマートフォン用モバイル充電器 : Nipper


既に目標金額に達成し見事成功となった人気プロジェクト!

スマートフォン用のモバイルバッテリーは高品質でコストパフォーマンスにも優れたものが沢山市販されており、通常の用途であれば一般的なモバイルバッテリーで十分です。

しかし、災害時にはモバイルバッテリーを充電することも出来なくなるので、充電式のモバイルバッテリーでは不安があります。

そんな時に活躍するのが乾電池で充電できる充電器ですが、だからといってモバイルバッテリーと乾電池と乾電池を利用する充電器を全部持ち運ぶのは無駄が多すぎる。

そんな悩みを解決するのがNipperキックスターター(KickStarter)プロジェクトだ。

Nipperはシンプルな構造でとても小さく軽くキーホルダーにつけても全く邪魔にならない携帯性に非常にすぐれた充電器だ。

これなら常時携帯することが可能で、乾電池は被災時でも比較的調達しやすいのでモバイルバッテリーが切れたときの補助として活躍してくれます。

スッキリ充電!5台までのスマホやタブレットに対応する充電ステーション : Fishbone


スマートフォンやタブレットなどを複数持ってる方は充電するときどうしてますか?
机の上に平置きしてませんか?
部屋のそこら中に充電中の端末が置きっぱなしになってませんか?
そんな複数のデジタル機器をお持ちの方にオススメなのがFishboneのキックスターター(KickStarter)プロジェクトです。
Fishboneはートフォンやタブレット、MP3プレイヤーなどをスッキリ纏めて同時充電できる便利な充電ステーション。
非常にシンプルな作りと、$35という低価格が合わさって、自宅でも仕事場でも大いに役立ちそうです!

9V形乾電池でスマートフォンを充電できる珍しい充電器 : Plan V


乾電池でスマートフォンを充電できる充電器は沢山あるが、乾電池のなかでも四角形の9V型で充電できる珍しい乾電池充電器がPlan Vのキックスターター(KickStarter)プロジェクト。
乾電池の中でも9V形は普段あまり使わないが、例えば楽器のチューナーなどでは9V形が使用されていることが多く、少なからず9V形乾電池を持ち歩いている人はいるはずだ。
ニーズがあまり多くないことが推測できるので、大手メーカーでは作りずらい製品でも、クラウドファンディングなら調査がてらに挑戦できる良い例ですね。