タグ: 3D Printer

おもちゃを出力するのにピッタリ!おもちゃ工場のような3Dプリンター:MiniToy


MiniToyは低価格な3Dプリンターのキックスターター(KickStarter)プロジェクト。

その特徴は何といってもその見た目!

まるでおもちゃ工場を小さくしたかのようなデザインで、そこからちょっとしたおもちゃを出力した日にはそりゃもう子供は大興奮ですよね♪

フィラメントが横のネジにまかれていて、ネジが回るのがまた良い雰囲気でしてます。

おもちゃを出力するための3DプリンターとしてMiniToyは最有力候補になりそうなのでプロジェクトの成功に期待です!

インクジェットプリンター並の低価格な小型3Dプリンター : iBox Nano


iBox Nanoはなんと300ドル以下で買えてしまう小型のレジン3Dプリンターのキックスターター(KickStarter)プロジェクトです。
本体自体が超小型なので4cm x 2cm x 9cmまでのサイズしか出来ませんが、ちょっとした小物やパーツを作るには場所を取らずとても便利!

多くの人に使ってもらえるように!超低価格な3Dプリンターが登場 : RappiDelta Jr


RappiDelta Jrは300ドル台で手に入る低価格な3Dプリンターのキックスターター(KickStarter)プロジェクト。
多くの人に使ってもらえるように徹底的に構造やパーツを工夫し、堅実且つ低価格に挑戦!
ベルトなど消耗品を使わないことでメンテナンス費用を抑えるなどまで想定してくれるとてもユーザーフレンドリーなプロジェクトだ。

3Doodler : 仰天!世界初!立体的に絵が描ける3Dプリンターならぬ3Dペンが登場!


3Doodlerは世界初となる3Dペンの製品化を目指すキックスターター(KickStarter)プロジェクト。
ここ数年注目を浴びている3DプリンターはCADで設計したデジタルデータを元に機械が正確に3Dオブジェクトを出力しますが、このペンはなんと絵を描くように手で3Dプリントをしてしまおうという少しアナログよりの発想のプロダクトだ。
プロトタイプの作成には3Dプリンターが適しているが、アート分野で3Dペンはニーズがありそう。

RoBo 3D Printer : みんなが待っていた!低価格&オープンソース&簡単に使える3Dプリンター


目標に対し1,325%になる約6千万円($649,663)も出資が集まった超人気3Dプリンターのキックスターター(KickStarter)プロジェクト。
低価格とオープンソース、そして簡単な利用方法が特徴だ。
デザインは良くある廉価3Dプリンターの様に骨組みが露出してなく、RoBoの名前にふさわしくちょっとスマートなロボットっぽい感じになっている。

FORM 1 : 低価格のプロフェッショナル3Dプリンター


FORM 1はプロフェッショナル機並みの機能と解像度を持ちながらホビー機並みの価格を実現するの3Dプリンター。
プロフェッショナル用3Dプリンターは高くて手が出なかった業者や、手持ちのローエンド機よりもさらに高解像度の3Dプリンターが欲しいホビーユーザーから支持され、人気となっています。