2012/11/14

The Charge Cycle : 本当にあった!携帯電話を充電できる発電自転車


自転車やジムでエアロバイクを漕いでいるときに、これで携帯電話が充電できれば良いのに! と思ったことありますよね?
「The Charge Cycle」はまさにそれです!
ニューヨーク市近辺の30箇所以上に「The Charge Cycle」を設置する為に、キックスターターで出資者を募集。
設置後は誰でも利用出来るようになるとのことだ。
専用のスマートフォンアプリも開発中。

開始 : 2012/11/02
終了 : 2012/12/09
目標金額 : $50,000

【 参加金額と報酬 】
  • $1 以上 でニューヨークで外出中に充電するための知識
  • $25 以上(+$5送料) でシリコンバンド x1
  • $250 以上(NYC限定) で限定10でCharge Cycleをレンタル(1ヶ月)
  • $490 以上(NYC限定) で限定5でCharge Cycleをレンタル(2ヶ月)
  • $500 以上(US限定) で限定10であなたの自転車に取り付けるられる発電機と充電ドック x1
  • $730 以上(NYC限定) で限定5でCharge Cycleをレンタル(3ヶ月)
  • $970 以上(NYC限定) で限定1でCharge Cycleをレンタル(4ヶ月)
  • $1,210 以上(NYC限定) で限定1でCharge Cycleをレンタル(5ヶ月)
  • $1,450 以上(NYC限定) でで限定1でCharge Cycleをレンタル(6ヶ月)



The Charge Cycleは自転車を漕ぐとその力で発電されCharge Docに接続した携帯電話が充電される仕組み




試作品がニューヨーク市の数箇所に設置された時の様子


利用方法や充電状況、消費カロリーなどを表示する専用アプリも提供予定



【 感 想 】

これ、東京にも合いそうですよね~
確かにお金払ってジムでエアロバイク漕ぐくらいなら、こっちの方が充電出もできて断然お得ですもんね!

う~ん、とりあえず何分漕げばフル充電になるのかが気になる。
というか何カロリー消費してどのくらいの電力が作れるのか興味ある ^^

私は健康のためにトレーニングを毎日やってますが、いつも思うんです
「過剰に摂取した栄養を嫌々トレーニングで消費するってどんだけ無駄な行為なんだ!」と、、、
少しでも良いから何か役に立つものに変換出来ないか?と 思っていたのですが、これはそのソリューションの1つですね^^

 体内の余分な栄養(脂肪?)を効率よく電力に変える試みが今後も増え、研究が進めば肥満と電力不足の両方の問題が解決すると思うので期待しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。